オタ福の語り部屋

獣医学を追求する。その先に見えるものは…

【先天性門脈体循環シャント③~治療法~】~"すきま時間"の獣医学~

スポンサーリンク

f:id:otahukutan:20191012165848p:plain

【はじめに】

今回は『先天性門脈体循環シャント』の治療法についてです。ついにPSS完結編です。PSSの治療法は肝性脳症を抑えるための内科的アプローチとシャント血管を閉じるための外科的アプローチの2つがあります。

【先天性門脈体循環シャント①~概要・病因~】
【先天性門脈体循環シャント②~症状・診断方法~】
【先天性門脈体循環シャント③~治療法~】  

【目次】

【内科療法について】

『内科療法の目的』

PSSにおける内科療法の目的は

・肝性脳症
・肝機能低下に伴う栄養状態の改善

これら2つを押さえ込むような治療法を行なっていきます。

『低蛋白食』

肝性脳症は高アンモニア血症によって発生するので、アンモニアの上昇を抑えるような治療が必要になります。

その治療法として『低蛋白食』があります。フード内に含まれるタンパク質は体内に吸収される時、アンモニアを産生します。PSSでは血中アンモニア濃度を減らしたいので、低蛋白食は最適です。

しかし注意点もある
低蛋白食の注意点としてそう、肝機能低下によってアルブミンの低下も起きています。アルブミンは血漿蛋白の一つで、もちろんタンパク質です。アンモニアの上昇を恐るあまり、過度な低蛋白食を与えると低Alb血症を助長させることになるので、気をつけましょう。

『ラクツロースの投与』

ラクツロースとは非消化性の糖で便秘の治療薬として使用されます。

この糖の良い点は
・腸内pHを下げること
・ウレアーゼ産生菌の増殖を抑制する
・細菌の窒素取り込みを抑制する
という点です。

【外科的治療について】

『手術前に行うこと』

状態の安定化
手術前には状態を安定化させておく必要とがあります。

・肝性脳症のコントロール
・食事管理
・輸血←アルブミンの是正

これらの内科療法を中心に進めていきま

現状の把握
手術前に現状を知っておかないと、いざ開腹してみて違ったという最悪のパターンに陥る可能性があります。最低限確認すべきは以下の2つです。

・門脈圧のモニタリング
・PSSの走行

これら二つは最低限確認しておかなければいけません。
手術ではシャント血管を結紮するのですが、結紮した際に動脈圧が急激に低下したり、門脈高血圧が起こる可能性もあります。

『シャント血管の結紮』

結紮方法
シャント血管の結紮方法は
・完全結紮
・部分結紮
・セロファン・バンディング
・アメロイド・コンストリクター 
など、複数の方法があり、状況に応じてそれぞれ使い分けます。

門脈圧によって術式が変わる
門脈圧が高い時にシャント血管を完全に結紮してしまうと、門脈の血圧は急激に上昇し、術後の腹部疼痛、腹水を招きます。命を落とすケースもあります。門脈圧の程度によって術式は変わります。

門脈圧が<15mmHgの場合
門脈圧が<15mmHg程度の場合は仮完全結紮を行うことができるます。

門脈圧が<25mmHgの場合
セロファン・バンディングやアメロイド・コンストリクターを用います。これらの器具はリングのようにシャント血管を挟み込み、そこに人為的に炎症を起こさせることで、7~10日かけて徐々にシャント血管を閉ざしていくという方法です。

門脈圧が>25mmHgの場合
一回目の手術で部分結紮を行い3~4ヶ月待ち、肝内門脈枝の発達を待ちます。その後、二度目の手術で完全結紮を行います。

【最後に】

今回は『先天性門脈体循環シャント』の治療法について紹介しました。内科的療法と外科的治療の双方を駆使し、門脈から出るシャント血管を縛っていきます。ポイントは手術の『門脈圧の程度』です。どの程度の圧なら、どの治療を選択すべきかを知っておくと良いでしょう。

【本記事の参考書籍】

日本獣医内科学アカデミー編 : 獣医内科学 第2版, 文英堂出版, 2014, 259-262, 320-321p

 

 

【関連記事】

『一緒に考えるべき疾患』

www.otahuku8.jp

www.otahuku8.jp

www.otahuku8.jp

www.otahuku8.jp

『先天性門脈体循環シャント①~③』

www.otahuku8.jp

www.otahuku8.jp