オタ福の語り部屋

獣医学を追求する。その先に見えるものは…

徹底解説

【犬の下垂体腫瘍①】クッシング症候群の8~9割はコレ‼︎『犬の下垂体腫瘍』とは~概要と症状~

【はじめに】 今回は『犬の下垂体腫瘍』についてです。下垂体って何してる器官か知っていますか? 下垂体は大脳のすぐ下に位置し、複数のホルモンを産生しています。この下垂体が産生するホルモンの1つに副腎皮質刺激ホルモン(通称:ACTH)があります。犬…

動物の腸管腫瘍について④~治療法と予後~

【はじめに】 今回は『動物の腸管腫瘍』最終回、治療法と予後についてです。腸管腫瘍は腫瘍の治療法のセオリー通りで・外科手術・化学療法・放射線治療の3つが主な治療法になります。これらの治療法はいかほどの治療成績を示すかなどを解説しています。 関…

動物の腸管腫瘍について③~症状と診断方法~

【はじめに】 今回は『動物の腸管腫瘍~症状と診断方法~』についてお話していこうと思います。腸管腫瘍が発生するとどのような症状を示すのでしょうか?実は腫瘍のできる場所によって症状が変わってくるのです。そして、腸管腫瘍の症状を元に来院された際、具…

動物の腸管腫瘍について②~病因と挙動~

【はじめに】 今回は前回に引き続き、『動物の腸管腫瘍』病因と挙動についてお話していこうと思います。腸管腫瘍の正体、いったい何が増えているのかを明らかにし、どのような増殖方式や転移を示すのかを解説していこうと思います。 関連記事動物の腸管腫瘍…

動物の腸管腫瘍について①~発生とリスク~

【はじめに】 今回は『動物の腸管腫瘍』発生とリスクとについてお話していきたいと思います。 どのような動物の腸で腫瘍は発生しやすいのかについて、腫瘍の種類、性別、品種別に展開していきます。 関連記事動物の腸管腫瘍について①~発生とリスク~ - オタ福…

『高脂血症:CholとTG』~血液検査を考える~

【はじめに】 今回は『コレステロール値とトリグリセリド値』についてです。高脂血症は人でも問題になっている病気です。高脂血症はそれ自体が問題となることは少なく、高脂血症を引き起こしている原疾患を正しく見極め、治療することが大切になってきます。…

犬猫の食物アレルギー、どうやって診断・治療するの?

【はじめに】 前回、前々回と食物アレルギーの概要と症状について説明してきました。今回は食物アレルギーの診断方法と治療法についてお話しします。食物アレルギーはしっかりと検査をするとなるとかなりの時間とお金がかかります。食物アレルギー検査にはど…

『犬猫の食物アレルギー、食物不耐症』で現れる症状について

【はじめに】 前回の【その食べ物アウトかも⁈『食物アレルギー・食物不耐症』とは①~概要編~】にて食物アレルギーと食物不耐症がどのような病気なのかをお話ししました。 今回はそれら食物有害反応の『症状』『検査方法』『治療法』についてお話ししていこう…

その食べ物アウトかも⁈『食物アレルギー・食物不耐症』とは概要を説明

【はじめに】 今回は『食物有害反応(AFR)』についてお話しします。食物有害反応とは食物アレルギーや食物不耐症をひっくるめて読んでいます。今回は主に食物アレルギーと食物不耐症のお話しが中心になります。 ある食べ物を食べた時、調子を崩すようでした…

犬猫の肝胆道系腫瘍③~治療法とその後~

【はじめに】 今回は『犬猫の肝胆管系腫瘍~治療法とその後~』についてです。 肝胆管系腫瘍として主に①肝細胞癌 ②胆管癌 ③カルチノイド ④肉腫4つの腫瘍があり、 形態学的な分類として①腫瘤型 ②結節型 ③びまん型の3つがあります。 これらの分類によって治療法…

犬猫の肝胆道系腫瘍②~症状と検査方法~

【はじめに】 今回は『肝臓、胆道の腫瘍 ~症状と検査方法~』について解説します。肝胆管系腫瘍には特徴的な症状がありません。全身状態の悪化や黄疸があれば、すぐに全身検査を行うべきです。 今回は肝胆管系腫瘍ではどのような症状が見られるのか、そしてど…

犬猫の肝胆道系腫瘍①~概要と挙動~

【はじめに】 今回は『犬猫の肝胆道系腫瘍』について解説します。肝胆道系?あまり聞き馴染みのない言葉だと思います。肝胆道系とは肝臓と胆嚢、胆管のことを言います。つまり、肝胆道系腫瘍を言い換えるのであれば、肝臓や胆嚢、胆管の腫瘍ということです。…

症状がほとんどない⁈『犬猫の肺がんの実態③』~治療法と予後~

【はじめに】 今回は『肺がんの治療法』についてです。肺で発生した腫瘍は手術を行うことが難しく、抗がん剤が中心の治療となります。今回は抗がん剤治療をはじめ、外科手術や分子標的薬、放射線治療などあらゆる治療法を書いています。 【肺がん記事はこち…

症状がほとんどない⁈『犬猫の肺がんの実態②』~診断方法~

【はじめに】 今回は『肺がんの診断方法』について解説します。いつも思うのですが、診断方法ってシリーズとしてはインパクトが無くて、地味なんですよね笑 でも、とても重要であるのは間違いありません。ここでミスれば、その先の治療もなんの意味も為さな…

症状がほとんどない⁈『犬猫の肺がんの実態①』~概要・症状~

イラスト引用:ホルスト・エーリッヒ クーニッヒ著:カラーアトラス 獣医解剖学(増補改訂版)【下巻】, チクサン出版, 2012, 452p 図8-26 【はじめに】 今回は『肺がん』について説明します。肺がんと聞くと「〇〇の転移」などとよく耳にしますよね。そうな…

地域猫では結構ある?猫白血病ウイルス(FeLV)感染症について③ ~診断・予防・管理・治療~

【はじめに】 今回は『FeLV感染症~診断・予防・管理・治療~』についてです。 FeLVの感染が成立するのは約70%と言われています。裏を返せば一旦ウイルスが体内に侵入したとしても30%はウイルスの感染が成立しないのです。実はFeLVはウイルスが入ることよりも…

地域猫では結構ある?猫白血病ウイルス(FeLV)感染症について② ~症状~

【はじめに】 前回の『①(概要)』でFeLVとはどのようなものなのかについてざっくりとお話ました。今回はFeLVの臨床症状について解説します。FeLVは骨髄抑制や腫瘍、免疫抑制を中心にその他多くの症状を引き起こします。具体的な症状とどのようなトラブルが…

『犬のリンパ腫④』~ステージ分類とは~

【はじめに】 今回は『犬のリンパ腫~ステージ分類~』について解説します。 「ステージ分類って何?、必要なの?」 そう思われる方もいらっしゃると思います。ステージ分類は必要です。ステージ分類はいわゆる病期分類。病気がどこまで進行しているのかを把握…

『犬のリンパ腫③』~診断方法~

【はじめに】 今回は『犬のリンパ腫』第3回、リンパ腫の診断方法です。リンパ腫は『血液の腫瘍』で、腫瘍とは『異形な細胞が無秩序にモノクローナル増殖していること』が定義です。 診断方法としては身体検査や血液検査、FNA、病理生検などがあります。今回…

地域猫では結構ある?猫白血病ウイルス(FeLV)感染症について① ~概要と感染経路~

【はじめに】 皆さんは『FeLV』というウイルスをご存知でしょうか?FeLVとはFeline Leukemia Virusの略称で直訳すると『猫白血病ウイルス』と言います。今回はこのFeLVに感染した際に起こる『猫白血病ウイルス感染症』についてお話ししていきたいと思います…

『犬のリンパ腫②』~症状~

【はじめに】 前回『犬のリンパ腫①』統計、原因、分類を解説しました。今回は犬のリンパ腫②と称して『リンパ腫の症状』について解説していきます。 犬のリンパ腫の症状は発生部位によって異なります。多中心型なのか、腸管型なのか、縦隔型なのかなど、それ…

『犬のリンパ腫①』統計、原因、分類について

今回は『犬のリンパ腫』について徹底解説していこうと思います。この記事はおそらくリンパ腫解説ブログの中で一番詳しく書いているのではないか思います。あまりに長いので、リンパ腫の連載をしていこうと思います。では、早速ですが今回は統計、原因、分類…

コアワクチン① 『犬ジステンパーウイルス』

今回は『犬ジステンパーウイルス感染症』について説明します。犬ジステンパーウイルスはコアワクチンの1つにも含まれているウイルスです。皆さんは普段、混合ワクチンを打ちに連れて行かれると思いますが、そのワクチンはどのような病気を予防するのに必要な…

紫外線に注意⁈『犬猫の鼻鏡にできる腫瘍』とは

【はじめに】 今回は『鼻鏡にできる腫瘍』について説明します。鼻表面にできる腫瘍は紫外線が影響しているとされていて、白猫で発生が多く見られます。単なる傷やシミ、カサブタ程度だと思っていたら実は腫瘍だったなんてこともあります。さて、早速ですが『…

暖かくなるこの時期から気をつけよう、『犬猫のノミアレルギー性皮膚炎』について

【はじめに】 今回は『ノミアレルギー性皮膚炎』について説明します。ノミアレルギー性皮膚炎はノミが体表に寄生し、ノミの唾液に含まれる物質に反応して起こるアレルギー性皮膚炎です。 暖かくなるこの時期から徐々に増え始め、夏~秋にかけてピークを迎え…

『低血糖』~血液検査を考える~

【はじめに】 血液検査を考えるシリーズ!今回は『低血糖』について説明します。この血液検査シリーズでは血液検査結果をどのように解釈するかに重点を置いて、解説しています。低血糖を示した犬猫の体内では何が起きているのか、そしてどのような病気が隠れ…

膵臓の癌、『膵外分泌腫瘍』とは

今回は『膵外分泌腫瘍』について説明します。アメリカでは1年間に2,7000人もの人が命を落としている腫瘍です。診断時には多くが進行しており、手遅れなこともしばしば…人間の場合、5年生存率5%以下の超極悪腫瘍です。では動物の場合、どうなのかを見ていきま…

BUNとCre~血液検査を考える~

【はじめに】 今回は『BUNとCre』についてです。ペットを血液検査してもらったことがある飼い主さんには聞き馴染みの言葉かと思いまいます。「この2つは腎臓の数値ですねー、腎臓が悪くなるとここが上がります」と説明を受けた方も多いはず。では、「腎臓の…

マイナーな腫瘍『動物の唾液腺がん』って知ってる?

【はじめに】 今回は『唾液腺がん』について解説します。題名の通り、唾液腺にできる腫瘍は非常に発生率が少なく、解明されていることも少ないのが現状です。唾液腺とは4つあり、一番大きく腫瘍の発症率が高いのは下顎腺です。今回はそんな腫瘍について解剖…

『胃がん』ってな〜んだ?

【はじめに】 今回は『胃の腫瘍(主に胃腺癌)』について解説します。 人でもたまに聞く『胃癌』なんと、人では腫瘍による死因の第6位なんだとか…人間界では社会経済的要因、地理的要因、環境的要因、これらが胃癌のリスクを高めるのに関与しています。そし…