オタ福の語り部屋

獣医学を追求する。その先に見えるものは…

オタ福、血液疾患を語る。

【猫の新生子同種溶血】~"すきま時間"の獣医学~

【はじめに】 今回は『猫の新生子同種溶血』についてです。この病気は猫で多い病気で、母猫からもらう初乳を飲んだ新生子が重度の溶血を起こしてしまう病気です。 【目次】 【新生子同種溶血】 『犬の血液型について』 『猫の血液型について』 『新生子同種…

【多発性骨髄腫】①概要と病因について

【はじめに】 今回は『多発性骨髄腫の概要と病因』についてです。 多発性骨髄腫とは血液の細胞の1つが腫瘍化したもので、それだけあった全身で悪さをします。心臓や腎臓が悪いと思っていたら、実は多発性骨髄腫だったなんてこともゼロでありません。今回は…

猫のリンパ腫⑤~治療法と予後~

【はじめに】 今回は『猫のリンパ腫の治療法と予後』についてです。多中心型リンパ腫が多い犬と比べ、猫で組織型や発生部位もバラツキがあるので、ゴールドスタンダードなリンパ腫の治療法が今ひとつ確立していません。かつてFeLVが猛威を振るっていた時代に…

猫のリンパ腫④~診断とステージ分類~

【はじめに】 今回は『猫のリンパ腫④~診断とステージ分類~』についてです。今回も前回と同様、検査方法についてざっと総論を述べた後に、発生部位別にどのような検査を行なっていくかを解説していきたいと思います。 猫のリンパ腫①~統計とリスク因子~ 猫のリ…

猫のリンパ腫③~症状~

【はじめに】 今回は『猫のリンパ腫~症状~』についてです。猫のリンパ腫の症状は発生した場所、そしてその腫瘍の悪性度によって大きく異なります。今回はそれらを発生部位別に解説していこうと思います。 猫のリンパ腫①~統計とリスク因子~ 猫のリンパ腫②~病…

猫のリンパ腫②~病因と挙動~

【はじめに】 今回は『猫のリンパ腫~病因と挙動~』についてです。病因と挙動なんて堅苦しい言葉を使わず、要は発生した場所ごとの腫瘍の"特徴"を解説しているんだと考えて頂ければ、大丈夫です。 猫のリンパ腫①~統計とリスク因子~ 猫のリンパ腫②~病因と挙動~…

猫のリンパ腫①~統計とリスク因子~

【はじめに】 今回は『猫のリンパ腫~統計とリスク因子~』についてです。犬のリンパ腫同様、猫のリンパ腫の発生は多いです。そのほとんどはリンパ芽球と呼ばれるリンパ球の前駆細胞由来細胞が腫瘍細胞の主体となります。 猫のリンパ腫①~統計とリスク因子~ 猫…

『高脂血症:CholとTG』~血液検査を考える~

【はじめに】 今回は『コレステロール値とトリグリセリド値』についてです。高脂血症は人でも問題になっている病気です。高脂血症はそれ自体が問題となることは少なく、高脂血症を引き起こしている原疾患を正しく見極め、治療することが大切になってきます。…

地域猫では結構ある?猫白血病ウイルス(FeLV)感染症について③ ~診断・予防・管理・治療~

【はじめに】 今回は『FeLV感染症~診断・予防・管理・治療~』についてです。 FeLVの感染が成立するのは約70%と言われています。裏を返せば一旦ウイルスが体内に侵入したとしても30%はウイルスの感染が成立しないのです。実はFeLVはウイルスが入ることよりも…

地域猫では結構ある?猫白血病ウイルス(FeLV)感染症について② ~症状~

【はじめに】 前回の『①(概要)』でFeLVとはどのようなものなのかについてざっくりとお話ました。今回はFeLVの臨床症状について解説します。FeLVは骨髄抑制や腫瘍、免疫抑制を中心にその他多くの症状を引き起こします。具体的な症状とどのようなトラブルが…

『犬のリンパ腫④』~ステージ分類とは~

【はじめに】 今回は『犬のリンパ腫~ステージ分類~』について解説します。 「ステージ分類って何?、必要なの?」 そう思われる方もいらっしゃると思います。ステージ分類は必要です。ステージ分類はいわゆる病期分類。病気がどこまで進行しているのかを把握…

『犬のリンパ腫③』~診断方法~

【はじめに】 今回は『犬のリンパ腫』第3回、リンパ腫の診断方法です。リンパ腫は『血液の腫瘍』で、腫瘍とは『異形な細胞が無秩序にモノクローナル増殖していること』が定義です。 診断方法としては身体検査や血液検査、FNA、病理生検などがあります。今回…

地域猫では結構ある?猫白血病ウイルス(FeLV)感染症について① ~概要と感染経路~

【はじめに】 皆さんは『FeLV』というウイルスをご存知でしょうか?FeLVとはFeline Leukemia Virusの略称で直訳すると『猫白血病ウイルス』と言います。今回はこのFeLVに感染した際に起こる『猫白血病ウイルス感染症』についてお話ししていきたいと思います…

『犬のリンパ腫②』~症状~

【はじめに】 前回『犬のリンパ腫①』統計、原因、分類を解説しました。今回は犬のリンパ腫②と称して『リンパ腫の症状』について解説していきます。 犬のリンパ腫の症状は発生部位によって異なります。多中心型なのか、腸管型なのか、縦隔型なのかなど、それ…

『犬のリンパ腫①』統計、原因、分類について

今回は『犬のリンパ腫』について徹底解説していこうと思います。この記事はおそらくリンパ腫解説ブログの中で一番詳しく書いているのではないか思います。あまりに長いので、リンパ腫の連載をしていこうと思います。では、早速ですが今回は統計、原因、分類…

BUNとCre~血液検査を考える~

【はじめに】 今回は『BUNとCre』についてです。ペットを血液検査してもらったことがある飼い主さんには聞き馴染みの言葉かと思いまいます。「この2つは腎臓の数値ですねー、腎臓が悪くなるとここが上がります」と説明を受けた方も多いはず。では、「腎臓の…

自分の血液を自分で壊す⁈『IMHA(免疫介在性溶血性貧血)』の怖さとは?③~治療法・予後・猫の話~

【はじめに】 ついに完結、『IMHAの治療法、予後、猫のIMHA』についてです。IMHAは自分の免疫で自分の赤血球を壊してしまい、溶血→貧血という流れを作る病気なので、治療法としてはそれの免疫を抑えてしまえばいいのです。 考え方はシンプルですが、実際のコ…

自分の血液を自分で壊す⁈『IMHA(免疫介在性溶血性貧血)』の怖さとは?②~診断方法~

【はじめに】 今回は『IMHAの診断方法』について説明します。語り部屋で説明する『IMHAの診断方法』では教科書的な説明になっているので、若干実際の臨床現場との齟齬(そご)があるかもしれません。血液検査や特殊な検査の結果を用いて、複合的に診断してい…

自分の血液を自分で壊す⁈『IMHA(免疫介在性溶血性貧血)』の怖さとは?①~概要・臨床徴候~

【はじめに】 今回は『免疫介在性溶血性貧血(IMHA)』の概要と症状について解説します。免疫介在性溶血性貧血という言葉を聞いたことはありますでしょうか? 免疫介在性溶血性貧血は一般的にIMHAと呼ばれています。 IMHAとは免疫=Immune介在性=Mediated溶…

「低タンパク血症、高タンパク血症」~血液検査を考える~

【はじめに】 今回は『血漿蛋白』について書いています。この「~血液検査を考える~」シリーズでは他のブログでは見られないような内容になっていると思います。みなさん、ペットの血液検査の結果を頂きますよね。 その結果ってどうしてますか?おそらく、「…

「貧血」~血液検査を考える~

血液検査の結果を元にどんな病気があるのかを考えるシリーズを作ってみようかと思いました。第一弾はCBC検査でわかる『貧血』についてです。 『血液検査を考えるシリーズ』は“病気”を解説してるわけではありません! どんな病気があるか、つまり貧血を起こす…