オタ福の語り部屋

獣医学を追求する。その先に見えるものは…

オタ福、皮膚疾患を語る。

『ダリエ徴候とそのほかの症状』~腫瘍随伴症候群を考える~

【はじめに】 今回は腫瘍随伴症候群を考えるシリーズとして『ダリエ徴候』についてご説明します。ダリエ徴候が起こる腫瘍として『皮膚肥満細胞腫』が有名です。肥満細胞腫の腫瘍細胞内には多くの炎症性物質が含有されています。皮膚にできた肥満細胞腫を「な…

暖かくなるこの時期から気をつけよう、『犬猫のノミアレルギー性皮膚炎』について

【はじめに】 今回は『ノミアレルギー性皮膚炎』について説明します。ノミアレルギー性皮膚炎はノミが体表に寄生し、ノミの唾液に含まれる物質に反応して起こるアレルギー性皮膚炎です。 暖かくなるこの時期から徐々に増え始め、夏~秋にかけてピークを迎え…

『犬猫の悪性黒色腫(メラノーマ)』 ~ホクロかな?いいえ、それ悪性の腫瘍です~

【はじめに】 今回は『悪性黒色腫(メラノーマ)』について説明します。メラノーマは和名で「黒色腫」と言い、悪性のものを悪性黒色腫、あるいは悪性メラノーマと言います。悪性黒色腫は特に、口の中や唇、皮膚などで多くできる腫瘍で、大変悪性度の高い腫瘍…

原因は細菌だった!『表在性膿皮症』とは

イラスト引用:Spencer A. Johnston ; Karen M. Tobias : veterinary surgery small animal. 2nd ed., ELSEVIER, 2017, 1398p, Figure 75.1 【はじめに】 今回は『表在性膿皮症』について説明します。 膿皮症には“表在性”と“深在性”の2つがあります。 表在…

犬のアトピー、犬アトピー性皮膚炎とは?

【はじめに】 今回は『犬のアトピー性皮膚炎』について説明します。犬アトピー性皮膚炎はとてもよく見られる疾患です。教科書通り、アトピー性皮膚炎と診断するためには2~3ヶ月あるいはそれ以上の期間がかかります。実際の現場では、痒がる犬を見ているのは…

触るな危険!!皮膚の『肥満細胞腫』とは?

【はじめに】 今回は『肥満細胞腫』について説明します。肥満細胞腫は皮膚にできる腫瘍で最も多いと言われています。皮膚に関する病気で来院される飼い主さんは非常に多いです。なぜなら、1番目につきやすいからです。そして皮膚の腫瘍性疾患の中でも一番多…