オタ福の語り部屋

獣医学を追求する。その先に見えるものは…

オタ福、皮膚疾患を語る。

【脂肪腫と脂肪肉腫】本当に良性の腫瘍なの?実は違うかも⁈

【はじめに】 今回は『脂肪腫と脂肪肉腫』についてです。脂肪腫は高齢の犬猫を飼われている方なら、もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。脂肪腫とは脂肪組織で構成された良性腫瘍で、発生場所によっては様子見で過ごされる場合も多々あります。今回…

【犬アトピー性皮膚炎】~"すきま時間"の獣医学~

【はじめに】 今回は『犬アトピー性皮膚炎』についてのお話です。犬アトピー性皮膚炎は若齢犬で発症し、検査と治療が長期化することが多い病気です。痒がる我が子を見る辛さ、食事のケア、医療費などなど飼い主さんにも負担が多い犬アトピー性皮膚炎ですが、…

【全身性エリテマトーデス】②どう検査、治療する

【はじめに】 今回は前回に引き続き『全身性エリテマトーデス』に関してです。検査方法と治療法を中心に解説していきます。全身性エリテマトーデスは身体のあらゆるところで、炎症が起こってしまう非常に怖い自己免疫疾患です。正しく診断し、治療を行うには…

【全身性エリテマトーデス】①その概要と症状とは

【はじめに】 今回は『全身性エリテマトーデス』について解説します。全身性エリテマトーデスは自分の免疫が悪さをすることで起こる自己免疫疾患です。その標的はある特定の臓器ではなく、全身の臓器(細胞)を標的とし得ます。それゆえ、全身で炎症が起こり…

『天疱瘡』ってなに?天疱瘡を種類別に解説!

【はじめに】 今回は『天疱瘡』についてです。天疱瘡とは自己免疫疾患の1つで、表皮の細胞がお互いをくっつけるための接着分子(マジックテープのようなもの)を攻撃し、皮膚がボロボロと剥がれ落ちてしまう病気です。 どの接着分子を攻撃するかによって病…

『ダリエ徴候とそのほかの症状』~腫瘍随伴症候群を考える~

【はじめに】 今回は腫瘍随伴症候群を考えるシリーズとして『ダリエ徴候』についてご説明します。ダリエ徴候が起こる腫瘍として『皮膚肥満細胞腫』が有名です。肥満細胞腫の腫瘍細胞内には多くの炎症性物質が含有されています。皮膚にできた肥満細胞腫を「な…

【ノミアレルギー性皮膚炎】暖かくなる時期は気をつけよう

【はじめに】 今回は『ノミアレルギー性皮膚炎』について説明します。ノミアレルギー性皮膚炎はノミが体表に寄生し、ノミの唾液に含まれる物質に反応して起こるアレルギー性皮膚炎です。 暖かくなるこの時期から徐々に増え始め、夏~秋にかけてピークを迎え…

『犬猫の悪性黒色腫(メラノーマ)』 ~ホクロかな?いいえ、それ悪性の腫瘍です~

【はじめに】 今回は『悪性黒色腫(メラノーマ)』について説明します。メラノーマは和名で「黒色腫」と言い、悪性のものを悪性黒色腫、あるいは悪性メラノーマと言います。悪性黒色腫は特に、口の中や唇、皮膚などで多くできる腫瘍で、大変悪性度の高い腫瘍…

原因は細菌だった!『表在性膿皮症』とは

イラスト引用:Spencer A. Johnston ; Karen M. Tobias : veterinary surgery small animal. 2nd ed., ELSEVIER, 2017, 1398p, Figure 75.1 【はじめに】 今回は『表在性膿皮症』について説明します。 膿皮症には“表在性”と“深在性”の2つがあります。 表在…

犬のアトピー、犬アトピー性皮膚炎とは?

【はじめに】 今回は『犬のアトピー性皮膚炎』について説明します。犬アトピー性皮膚炎はとてもよく見られる疾患です。教科書通り、アトピー性皮膚炎と診断するためには2~3ヶ月あるいはそれ以上の期間がかかります。実際の現場では、痒がる犬を見ているのは…

触るな危険!!皮膚の『肥満細胞腫』とは?

【はじめに】 今回は『肥満細胞腫』について説明します。肥満細胞腫は皮膚にできる腫瘍で最も多いと言われています。皮膚に関する病気で来院される飼い主さんは非常に多いです。なぜなら、1番目につきやすいからです。そして皮膚の腫瘍性疾患の中でも一番多…